定款の認証等

定款の認証

お客様の希望とお話を伺い、弊所が定款を作成します。

完成した定款を公証人役場にFAXで送り、誤字、脱字や定款として誤った条文がないか確認してもらいます。

その際、公証人役場に弊所が料金を支払いに行く日時を予約します。

公証人役場でのFAXの確認が終わってから電子定款を作成して公証人に送信します。

予約した日時に弊所が発起人であるお客様の実印で契印を押した紙の定款とCD-Rを持参して公証人役場に行き、料金(約52,000円)を支払います。この料金(約52,000円)はお客様負担となります。

公証人役場から定款が書き込まれたCD-Rと定款の謄本(紙の定款)を2通受け取ります。

定款の謄本1通はお客様にお渡しし、もう1通の定款の謄本とCD-Rは司法書士に渡します。

登記完了後、もう1通の定款の謄本とCD-Rはお客様にお渡しします。

 

 

商号の調査

商号(会社の名称)の調査は法務局に設置してあるパソコンで弊所が調査いたします。